一般歯科

一般歯科

一般歯科

一般歯科について(虫歯や歯周病などの診察、治療)

一般歯科では下記のような症状について対応しております。

  • 歯が痛い
  • 歯がグラグラする
  • 口の中が臭い
  • 歯がしみる
  • 歯ぐきが腫れている
  • 歯がかゆい
  • 口の中がネバネバする
    など

このような場合は虫歯や歯周病(歯槽膿漏)といった可能性があり、これらについて診察、治療を行います。

歯を失う最も大きな原因の一つである歯周病(歯槽膿漏)については検査を行い、丁寧な歯石取りからなるべく歯を抜かない、歯を削らない、ご自身の歯をなるべく残すといった対応を致します。初期段階では自覚症状もない歯周病については早期の治療と健康状態を保つ予防がとても重要です。

《早期発見・早期治療の大切さ》

虫歯になってしまった場合、放っておくと虫歯はどんどん進行してしまいます。虫歯は風邪などのように自然に治ることはないものですので、「痛い」「しみる」といった症状が出たときにはかなり悪化しているというケースも珍しくありません。

虫歯も、ごく初期のうちに発見し、適切な予防を行えば削らずに済む場合もあります。 たとえ削って治さなければいけないほど進行していても、早い段階であればあるほど、神経の処置や抜歯などの可能性を低くすることができます。

《虫歯の原因》

お口の中にはたくさんの細菌が住んでおり、その中のミュータンス菌やラクトバシラス菌が主なむし歯の原因菌です。これらの細菌が、食べカスの中の糖質を栄養に歯の表面にネバネバした物質をつくります。このネバネバした物質が歯垢(プラーク)と言われるものです。歯垢(プラーク)の中でむし歯菌は、糖分を栄養に酸をつくり歯を溶かしていきます。これがむし歯の原因です。

《虫歯の進行と治療》

CO(要観察歯)

歯の表面が白く濁った色になったりザラザラした感じになります。また、溝の部分が茶色に着色したりします。痛みはありません。

【治療法】

歯を削ったりする必要はありません。そのままにしてしまうと進行してしまうので、正しい清掃方法のアドバイスをさせていただき、定期的な検診により状態を確認していきます。

C1

C1

エナメル質の範囲で歯に小さな穴が開いた状態です。痛みはありません。


【治療法】

虫歯の部分を削り取り、樹脂や金属を穴につめて修復します。 経過観察をする場合もあります。

C2

C2

エナメル質を貫通し象牙質まで虫歯が進行した状態です。甘いものや冷たいものがしみます。


【治療法】

虫歯になった部分を削り取り、樹脂や金属の詰め物を作りやすいよう歯牙の形を整えます。樹脂を直接歯につめる場合もありますが、金属で詰め物を作ることもあります。

C3

C3

虫歯が進行し、歯の中の神経に感染を起こしてしまっている状態です。強い歯の痛みや歯茎の腫れを感じます。


【治療法】

虫歯に侵された部分を取り除き、細菌に感染してしまった神経(歯の根)の入っている部屋を消毒します。歯の根の治療が終わり次第、土台を作りかぶせ物 か 詰め物をしていきます。

C4

C4

虫歯が進行してしまい、歯の根しか残っていない状態です。歯茎に覆われやすく歯肉炎を起こしやすいので場合によって痛みが強く出ます。


【治療法】

虫歯が進行してしまったので抜歯になります。

虫歯の予防

虫歯の予防には口内環境を清潔に保つことが重要となります。 そのため当院では歯の治療後3~6ヶ月ごとの定期健診をおすすめしております。定期健診を継続的に実施することで虫歯の再発予防を行います。

詳しくは「予防歯科のページ 》」をご覧ください。

歯周病とは

歯周病とは

歯周病とは、歯垢(プラーク)に含まれている歯周病菌の感染により歯周組織に炎症が起きた状態で、歯茎が腫れたり、出血するなどの初期症状から、進行すると歯を支えている組織が少しずつ破壊され、最終的には歯を失ってしまう怖い病気です。 歯周病の特徴は、痛みを伴わずにゆっくりと進行することで、「沈黙の病気」などと言われます。

また、痛みを伴わないことにより自覚症状に乏しく、この病気にかかっていても自覚している方が少ないということも特徴です。 統計によると、日本人の成人のおよそ80%が歯周病に罹患していると言われています。

「歯茎が腫れる」「歯肉の出血」「唾液が粘つく」「歯がぐらつく」「口臭が気になる」などの症状がありましたら、お早目に当院までご相談下さい。

歯周病の予防

初期に自覚症状のない歯周病の予防には「歯垢を増やさない」ことに尽きます。下記対応が重要です。

  • 正しい歯磨きを毎日実施し、口内環境を清潔にしておく
  • 歯石を取り除き歯周病菌を寄せ付けない
  • 口内を清潔に保つため、定期的なメンテナンスを実施する

詳しくは「予防歯科のページ 》」をご覧ください。