フッ素について

虫歯を予防し、
歯を強く保つフッ素

フッ素について

歯科において有効とされている「フッ素」は、実はフッ素とナトリウムなどが結合してできた「フッ化ナトリウム」(フッ化物)です。正しく使えば害はなく、歯を強くしてくれる大切な物質です。
患者さんが安心してフッ素塗布をおこなえるように、フッ素の効果について詳しく解説していきます。

フッ素と歯科治療

歯科治療にフッ素を使うのはなぜ?

フッ素には、主に「エナメル質の修復」「歯の質を強化」「菌の働きを抑制」という働きがあり、歯科医院でもフッ素塗布をおこなったり、フッ素化合物が配合されているケアグッズを使ったりしています。
フッ素は、魚介類や肉、野菜などほとんどの食品に含まれていますが、歯を守るためには食品で摂取するだけでなく、意識して取り入れる必要があります。

フッ素の代表的な効果

歯の再石灰化を促す

虫歯によって溶かされた歯は、唾液の再石灰化の力で修復されます。フッ素が唾液中に含まれていると歯の再石灰化を早めます。

歯質を強化する

初期の段階の虫歯であれば、フッ素塗布を定期的に行い再石灰化を繰り返していると、歯質を強くしていくことができます。

ムシ歯の酸の生成を抑制

フッ素が定期的に摂取されると、プラーク(歯垢)に存在する虫歯菌が酸を生み出すのを抑制し、進行を遅くすることができます。

フッ素を使うタイミングはいつ?

フッ素の効果は一定期間で徐々に薄まるので、治療で来院した時、定期的な健診の際に改めて受けていただくことをおすすめします。
また普段の生活の中では、なかなか食事ではとりにくいため、フッ素入りの歯磨き粉などを使い、歯に直接、効果を促していきましょう。

フッ素塗布のみプラン

フッ素塗布のみプランとは

「定期的にフッ素を塗布したい」「フッ素を塗るだけでも歯科医院へ行きたい」という方に向けた、フッ素塗布のみを行うプランです。
事前に回数券をお求めいただきます。トレーやコップなどお子さん専用の道具を持ってきてもらい、フッ素の塗布を行います。詳しくは受付、またはお電話にてお問い合わせください。

費用

11回 3,300円

受診前の注意点

保険適用外、自費診療となります。またチケット制になりますので、受付にてお買い求めください。
また以下のような注意点がございます。

  • お口の状況によってはすぐにフッ素塗布できない場合もあります。
  • フッ素を塗布したからと言って絶対に虫歯ができないわけではありません。虫歯のなりやすさには食生活やお口の清掃状態も大きく関わってきます。
  • フッ素を塗布する日は効果を上げる為にもしっかりブラッシングしてからご来院ください。
  • 塗布後、30分間は飲食しないで下さい。
  • しばらくフッ素の味がお口の中に残ることはあります。

学校帰りに寄れる歯科医院

お子さんの歯の健康にはフッ素塗布は有効ですが、フッ素はあくまで補助的な処置なので、それだけでは病気が治るわけではありません。
そこで、定期的に歯科医院でお口のチェックやケア(プロフェッショナルケア)を受けていただくことをおすすめします。

0276898588
アクセス

ページトップへ戻る