マタニティ歯科

ママさんとお子さんの
明日のために

マタニティ歯科

妊娠中から母親が虫歯を治療し、予防することでお子さんを虫歯から守ることができます。
虫歯菌が赤ちゃんへ感染することを防ぐためにも、まずはご家族の皆さんがお口の中を清潔に保ち、虫歯菌の除去に努めることが大切です。なにより、お母さんの健康を大事にし、虫歯による痛みやストレスを無くしてあげることが、将来の赤ちゃんのために役立つのです。

マイナス1歳からの歯科予防

生まれる前から始める小児予防

「マイナス1歳からの虫歯予防」という言葉を聞いたことはありませんか?
これは、お子さんの歯を守るために生まれる前から予防を始める、という考え方です。母親をはじめ、周りの大人たちがまず虫歯を無くし、虫歯菌の感染リスクを下げることで、生まれてくるお子さんの虫歯予防効果が上がると考えられています。

親子間の感染リスクに注意を

新生児のお口の中には虫歯菌が存在しません。
お子さんが虫歯菌に感染する原因の多くは、母親などの唾液を介しての感染となっています。また、歯の強度は遺伝するため、親御さんの歯が虫歯になりやすいのであれば、お子さんの歯にも遺伝する可能性が高いのです。
お子さんを虫歯から守るためには、周りの大人たちも虫歯菌を減らす習慣を身につけることが大切です。

できるだけ避けたい行為

  • 唾液の介在(キス、食べ物の口移しなど)
  • 大人の使ったスプーンやフォークなどの共有
  • お口の中に虫歯がある状態
  • ストローの共有

生まれてくるお子さんのためにできること

プロバイオティクス

「体に良い菌」が含まれる錠剤を服用し、体内の細菌の種類やバランスを改善することが期待できます。

フッ素塗布

フッ素には歯質を強くする、歯の汚れをつきにくくする効果に加え、菌の繁殖を抑制する効果があります。

虫歯治療

妊娠後期や産後はどうしても歯の治療に通うことが難しくなってしまいます。だからといって虫歯を放置してしまうと、全身にも影響を及ぼす可能性があるため、できるだけ早く治療することをおすすめします。

クラプロックスの使用

クラプロックスは、約0.1mmの極細繊維が5,460本も密集している歯ブラシです。磨きづらい歯の隙間や段差のプラークを掻き出してくれます。柔らかな磨き心地なので、歯ぐきを優しく磨けるのが特徴です。

注意点

受診前の注意点

治療は一部、保険適用外、自費診療となります。
以下のような注意点がございます。

  • 妊娠中の治療は、安定期を迎えてからおこなってください。
  • 治療中、患者さんに負担のかかる体勢となる場合がありますので、その際は無理をせず遠慮なく申し出てください。
  • 患者さんの体調を最優先した治療をおこなうので、普段よりも治療期間が長引く可能性があります。
  • 痛み止めには、妊娠中使用できない薬が配合されているものもあるので、処方できない可能性があります。
  • X線検査及び麻酔を用いる処置を避けることがあります。

日頃からのお口のケアを大切に

マタニティ歯科の基本理念の一つは「虫歯が親御さんにない状態を目指す」ことです。
しかし、日頃から治療しなくてはいけない歯を放置しているとそれが難しくなります。また妊娠期は治療をできる期間も短くなる可能性がありますので、虫歯を放置せずに通院や日頃からの歯科健診で異常がないか、チェックを受けていただくと良いでしょう。

0276898588
アクセス

ページトップへ戻る